未来は意思です!さぽ☆どり に参加して未来を創りませんか!

「さぽ☆どり」では一般公募でプレゼンターを募集。キックオフから本大会に向けて全6回程度の無料講座を開催します。理想の未来像を語るプレゼンターを、参加者全員で応援しながら共に学び、プレゼンター以外の参加者もメンタリング・マネジメントの在り方や、映像制作やプレゼンテーションの技術を学び、夢を現実のものとすべく成長・発展させていく過程を共有していきます。「夢だけでは終わらせない」この熱い思いを胸に、福祉の仕事の素晴らしさや、未来を自らの意志で作り上げていく過程を体感してください。
2018年の運営内容が決定し次第、参加者を募集いたします。あなたの理想の未来もきっと実現しますよ。
さぽ☆どり
動画集
2017年より

ごあいさつ

主催者代表・実行委員長より

「さぽ☆どり」サイトにお越しくださいましてまことにありがとうございます。

労働人口の減少は近未来の厳しい現実です。そのこととは裏腹に、福祉のニーズは急速に増えています。そのことに応えるためにも、いや、現在の事業継続のためにも福祉の仕事に関心を持っていただかなくてはなりません。
私たちは、この仕事の魅力を感じてきたはずです。ご利用される方々の喜びを共感的に受け入れ“しあわせ”を感じています。人は他人との“かかわり”の中に自らの存在の意味・価値を見出します。意識をしなくても... これまで声にしてこなかったことも、意識してこなかったことも、見てこなかったことも“魅せる”ことが必要になってきます。その行為こそが、私たちの仕事のアイデンティティーの確立や仕事の価値、存在することの証明となります。この時代をどう捉え、何を成すかで、個々の法人、職場、働く人たちの想いのステージが変わってきます。
有事モードがありふれる中で、“魅せる”こと、未来に向かうこと、夢を語ることは、すり込まれつつある命を軽んじる風潮から命の尊厳を取り戻すことです。
「遠慮なく、未来をイメージして夢を創っていきましょう!」
そのことは、今、大切な“福祉の実践”であると思います。
            主催者代表 阿部 美樹雄

「さぽ☆どり」実行委員長の貝沼寿夫です。2015年に私がプレゼンしてから、一貫して私が伝えたいことは、自分は障がい者福祉の仕事が心底大好きだっていうこと。だから、実行委員長として「さぽ☆どり」を開催することで、障がい者福祉の仕事に誇りを持ち、毎日笑顔で仕事をしている人を増やしたい!そう思っているのです。
キックオフから12月2日の本大会まで、全日程がメンタリング・マネジメントの学びの場として機能しています。福祉の未来を語るプレゼンターを支え、応援し、共に学ぶ一般参加者・メンターさん・スタッフを随時募集しています。
皆さんも意志を持ち、声に出したら、必ず福祉の未来は変わります!未来は意思です!共に所属施設・法人・障がい者福祉業界・地域・社会を変えていきましょう♪多くの皆様のご参加をお待ちしております。
             実行委員長 貝沼 寿夫

主催者代表 社会福祉法人 みずき福祉会

理事長 阿部 美樹雄
実行委員長社会福祉法人 龍鳳 
ライフパートナーこぶし
副施設長 貝沼 寿夫